2008年09月25日

WTCC参戦

2007年3月6日、セアト・スポーツとの契約を結び、この年はWTCCに参戦することを発表した[3]。5月にオランダのザントフォールトサーキットで開催されるFX業者ヨーロッパラウンド初戦から参戦する見込みである。

ツーリングカーに転向するというわけではなく、モンテイロは2008年からのF1復帰をスプレッド目指していた。

F1には復帰できず2008年も引き続きWTCCに参戦している。第2戦メキシコ・プエブラでFX ランキングの第2レースで初優勝を飾り地元開催となった第6戦ポルトガル・エストリルでの第2レースでも優勝を獲得した。

F1での経歴

2005年2月1日、(前月にミッドランド・グループによって買収された)ジョーダン・グランプリとのレギュラードライバー契約を発表し、ついにF1に辿りダイエット食品着いた。


当初はマシンの低いポテンシャルから地味なイメージで目立たなかったが、気がつけばホームページ制作開幕戦から第16戦まで連続完走(新人としては史上最多、歴代でも2位)を果たすなど、開幕前には誰も期待していなかった折り紙付きの安定性を発揮した。

ウェット・コンディション@クレジットカード 比較となった第16戦ベルギーGPでの8位入賞、「実力」でポイントを奪ったことで証明してみせた。これはマシンの能力が普段ミナルディチームと最下位を争うほどに劣ることを考慮すると賞賛に初心者 FX値するものであった。

2006年はジョーダンから生まれ変わったMF1レーシングのドライバーとして残留するが、前年とは打って変わって安定性が見られず、チームの中でもスポンサーレーシックの関係上孤立してしまっていた。

シーズン終了後の12月21日、2006年シーズン終盤にMF1を買収したスパイカーF1チームは翌年のラインナップをアルバースとエイドリアン・スーティルクレジットカードと発表[1]。モンテイロはF1におけるシートを失った。

ティアゴ・モンテイロってどんな人?

ティアゴ・ヴァガロソ・ダ・コスタ・モンテイロは、ポルトガル出身のレーシングドライバプラセンタ100 口コミーである。

2005年から2006年にかけF1に参戦。ペドロ・ラミー以来9年ぶりのポルトガル人F1FX 比較ドライバーとなった。2005年には1シーズンの記録とし白髪染めてはF1史上最多となる18戦完走という記録を残している。

2007年は世界ツーリングカーレーシック 手術選手権(WTCC)にセアト・スポーツから参戦。